債務整理費用の概要を理解しよう

債務整理の費用を考える

債務整理を考えている方は、現在返済に困っている方となります。しかし、債務整理を行うには、費用が発生します。ここでは、具体的に発生する債務整理費用について、ご紹介します。

プロに依頼するときにかかる費用

一般的に発生する債務整理費用は、弁護士や司法書士に支払う「着手金」と「報酬金」があります。また、債務整理でも、破産・民事再生手続きを選択された場合には、裁判所に納める「予納金」が発生します。

債務整理手続きにかかわる費用

 予納金の詳細については、官報掲載費用、自己破産の場合の破産管理人への報酬、民事再生の場合の再生委員への報酬などとなります。また、切手や印紙代、通信費などの実費も発生します。債務整理には、任意整理・自己破産・民事再生といった種類が存在しています。そして、どの手続きを選択するのかによって、かかる費用も異なってきます。

コストを削減できるのは依頼料と相談料

 債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合に支払う費用については、報酬額は自由化されていますので、依頼する各事務所によって異なるのが現状です。債務整理ではお金を借りた相手とのやりとりや、債務額確定のための調査、過払い金がある場合にはその返還請求、裁判所へ提出する書類の作成、裁判所への同行、和解交渉、合意書の作成など、さまざまな手続きが必要となり、それに伴って費用も発生します。

無料相談で良い先生を見つけましょう

 最近では、2回目以降の相談は有料となるのですが、ほとんどの事務所では初回相談は無料となっています。債務整理で借金の問題を解決する人は多く、またそのほとんどの人が、法律のプロである弁護士や司法書士に依頼して、債務整理を行っています。前述しましたように、煩雑な手続きが必要となりますので、素人には高いハードルであるからです。行動を起こさなければ、何も現状は変わりません。まずは無料相談を利用されて、債務整理費用についても確認されることをおすすめします。