自己破産は借金をゼロにできる諸刃の剣

悩むよりも早めに債務整理を行うことが大切

借金が多額になってしまい返済のめどが立たない人は、債務整理を考えてみても良いかもしれません。借金の金額や収入やローンの状況によって、自己破産や任意整理など一口で債務整理と言ってもさまざまな種類があります。
債務整理にはメリットだけではなくデメリットもあります。しかし借金の返済のことだけを考え毎日落ち込んでしまう気持ちが楽になるだけでも大きなメリットになり得ます。ここでは、自己破産についてのメリットとデメリットを上げてみます。

自己破産のメリット

メリットは、何と言っても借金がなくなることです。裁判所に自己破産の申し立てを行い、裁判所が支払い能力がないと認めた場合にすべての債務の支払い義務がなくなります。ドラマや漫画などの影響で家財道具一式を差し押さえられて一文無しになるというイメージがあるかもしれませんが、20万円までの現金や当座の生活に必要なものは手元に残されます。官報に名前が掲載されますが、一般の人の目に着くものではないのでさほど影響はないでしょう。また、給料の差し押さえなども止まりますので、ホッと一息つくことができるようになるでしょう。

自己破産のデメリット

デメリットは、警備員や生命保険の外交員などは資格制限を受けるため、免責が決定するまではその職業に就くことができなくなります。また、債務整理の情報は10年ほど信用情報機関に残るため、クレジットカードは使えなくなりますし新規に作ることもできなくなります。車や家なども手放さなければいけないケースもでてきます。

他の債務整理手段と比較して検討しましょう

人生を手放してしまう前に、メリットとデメリットを比べてみてください。他にも、個人再生や任意整理などの債務整理の方法はあります。まずは無料の相談を受けると頃からでも、明るい未来への一歩を踏み出してみませんか。