ローンの借金の返済ができなくなったときの対応手順

借金返済に黄信号が灯ったら、まずは連絡です

借金返済を続けていると、急な事故や会社の経営不振などによって安定した収入が入ってこなくなってしまうこともあります。
そのようなときはどのようにしたら良いのでしょうか。
まずはローンの借入先に状況の説明をすることが大切です。
何も言わずに滞納を続けていると、最悪の場合は契約解除となってしまうことがあります。
1ヶ月程度の遅れであれば、即座に信用情報に事故扱いとなることはありません。

連絡することで複数の回避策・解決策を検討できます

契約解除となってしまった場合は事故情報として登録されるため、今後数年間カードローンを組んだりクレジットカードを作ることが難しくなってしまいます。
カードローンが極度型で、まだ限度額にまで達していないのであれば、一時的に融資をしてもらい、そのお金の中で支払いをするという手もあります。
複数のカードを所有している場合は、空いた枠を上手に使って延滞を回避することもできます。

任意整理はその次の手段となります

どのカードも全額まで借りてしまっているような場合で、今後数ヶ月に渡って支払いができないことが見込める場合、任意整理という方法もあります。
任意整理は司法書士や弁護士さんが間にはいり、借入先と私的に借金の整理をすることです。
話し合い中は支払いが一時的にストップします。
話し合いがうまく行けば、金利がカットされ、3〜5年程度で完済する計画を立てることになります。
ただし安定した収入があり、3〜5年程度で支払いきれる金額でないと利用することができません。
借金を作ってしまった原因がギャンブルにある場合も利用することができないため、法的整理をしなくてはいけなくなります。
自己破産をすると持ち家を失うことになってしまうので、そうならないためにも任意整理や個人再生制度を利用すると良いでしょう。