個人再生は借金の総額を1/5にできる債務整理方法

借金を5分の1の額にすることができる個人再生

ウユニ湖の鏡のような水面個人再生とは債務整理の一種で、これにより返済するべき借金の額を減らすことができます。
具体的にどのような仕組みの債務整理かというと、まずは自己破産と同様に、裁判所にスムーズな借金返済ができないということを申し立てます。そしてその申し立てが認められれば、借金を約5分の1の額にまで減らしてもらえるのです。

自己破産との違い

自己破産との違いは、資産を残すことができるという点です。自己破産の場合は、その申し立てが認められれば、借金の返済を免除してもらえるようになります。しかしその代わりに、自宅や自動車などの資産を手放すことになります。それらを返済に充てたとしても、どうしても全額の返済ができないという場合に、自己破産は認められることになるのです。

個人再生のメリット

それに対して個人再生は、借金が5分の1ほどですが、残ることになります。そのため資産も完全には手放す必要がなく、たとえば自宅がある場合には、以後もそこに住み続けることができるのです。
ただし、残った5分の1ほどの借金は、期日までに返済する必要があります。期日は、一般的には3年後ほどに設定されるので、しっかりと返済計画を立てておくことが大事とされています。そして手続きを進めていくにあたって、返済を可能とするだけの収入、つまり安定した職に就いているかどうかも、重視されることになります。

個人再生のデメリット

また、自己破産とは異なるものの、借金の大部分を返済しなかったという事実が残されることになります。この事実により、以後は数年ほどの間、キャッシングやカードローン、クレジットカードなどの新たな申し込みができなくなります。5分の1の借金を返済した後もその状態がしばらく続くことになるため、個人再生はそのことも十分に考慮した上でおこなう必要があります。