任意整理は債権者と交渉して債務を削減する方法

任意整理は債務整理手段の一つ

海に昇る日の出債務整理とは、簡単に言えば、借金問題を抱えている人が借金の額を減らす手続きをすることです。任意整理とは、その債務整理の1つです。そして、債務整理は他にも方法があるのですが、比較的簡単な方法となります。
具体的には、貸金業者等の債権者と返済額や返済方法等を交渉して、返済が可能となる条件で合意をしてもらう手続きのことです。通常、弁護士や司法書士に依頼して、債権者との交渉を代行してもらうこととなります。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは、何といっても借金が減額されることです。厳密には、一般的に利息分の見直し、及びカットということになりますので、借金自体は残りますが、それでも負担は軽減されることとなります。そして、督促は止まることとなります。また、債務整理には自己破産や個人再生という方法もあるのですが、自己破産や個人再生をしてしまうと、官報という国の広報誌に掲載されてしまうのですが、そういったことがない、つまり、世間に知られないこと、自己破産をしてしまうと職業や資格の制限が設けられてしまうのですが、そういったことがないこと等がメリットだと言えます。

任意整理のデメリット

但し、デメリットもあります。任意整理をしてしまうと、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。いわゆる、ブラックリスト入りしてしまうのです。ですから、借入れやローンを組むこと、カードの利用が少なくとも5年間はできなくなります。また、自己破産や個人再生は裁判所が介入する手続きなのですが、そうではないため、強制力がないこともデメリットとして挙げられます。一般的に弁護士や司法書士に依頼すれば債権者と合意に至るのですが、合意に至らないケースもあります。そして、自己破産、個人再生に比べると減額効果が少ないこともデメリットだと言えます。