クレジットカードとカードローンの違いと特徴

似て異なるクレジットカードキャッシングとカードローン

棚田の田園風景
クレジットカードとカードローンは、本来は全く異なるサービスです。以下ではクレジットカードとカードローンのそれぞれのサービスの特徴について解説していきます。

クレジットカードのシステム

前者は、会計時にレジで提示することで、カードショッピングをすることができるというものです。また、インターネットショッピングの支払いに使用することもできます。いずれの場合も現金は必要なく、カード会社または金融機関による立て替え払いとなります。もちろん立て替えてもらった金額は、後日指定した銀行口座などからの自動振替により、清算することになります。要は立て替えによる後払いが可能になるというサービスなのです。

カードローンのシステム

一方後者は、立て替えてもらうわけではなく、お金そのものを借り入れすることができるというサービスです。借り入れは、ATMから専用カードによっておこなうことができます。担保も保証人も必要なく、まるでキャッシュカードから現金を引き出すかのように手軽に利用できることから、人気の高いサービスとなっています。借り入れしたお金は、ショッピングや旅行など、自分の好きに使うことができます。キャッシュカードの利用に似ているとはいえ、自身の銀行口座などのお金を引き出すのではなく、金融機関から借り入れをしているわけですから、もちろん返済が必要になります。

信用を扱うサービスなので内容が近づいてきています

このようにクレジットカードとカードローンは、それぞれ異なるサービスなのです。要は、先にショッピングなどをするか、先に借り入れをしてからショッピングなどに使うかの違いです。
しかし昨今では、これらのサービスが一体化したカードも発行されるようになっています。基本的にはクレジットカードですが、ATMで使用することで、現金を借り入れすることもできるのです。状況に合わせてそれぞれのサービスを便利に利用することができるので、注目されています。