体験談:任意整理したおかげで借金の負担が軽くなりました

借金で首が回らなくなるまでの過程

私はつい最近まで、借金返済のために全く余裕のない生活を送っていました。就職したばかりのあまりお金がない頃に、手軽さに惹かれて消費者金融からお金を借りたのがそもそもの始まりでした。
今から考えると本当に浅はかだったと思うのですが、社会人になって毎月給料が入ってくるという生活になった途端、お金に対する考え方がルーズになってしまったのです。学生の頃は、借金してまで遊ぼうと考えることなど絶対にありませんでした。でも、社会人になって気がゆるみ、遊びに使うお金が足りなくなるたびに、消費者金融からお金を借りるようになってしまいました。少々お金を借りたところで、ボーナスが入ってくればすぐに返すことができると安易に考えていたのです。

身の丈に合わない浪費癖が原因

 でも、消費者金融からお金を借りることに慣れてしまった私は、自分の身の丈に合わない贅沢をするようになってしまいました。何しろ、本当に簡単にお金を借りることができたので、いつの間にか消費者金融から借金しているのではなく、自分の預金口座からお金を引き出しているような感覚になっていたのです。でも、ここ数年は勤務先の業績が悪化し、ボーナスはもちろん、毎月の給料までが大幅に減額されてしまいました。その結果、月々の返済がとても大きな負担になってしまいました。

気付いたときには火の車で弁護士事務所へ

 私の認識が甘すぎたのが一番の原因なのですが、返しても返しても完済の日が全然見えてこない状態にほとほと嫌気がさしてしまいました。そこで、一念発起して法律事務所を訪ね、任意整理の手続きを依頼しました。弁護士費用はかかりましたが、任意整理で利息の引き直しをしてもらった結果、借金の総額を大幅に減額してもらうことができました。月々の返済額が減った上に、完済の目処も立ったので、本当に喜んでいます。もう借金返済で悩まされる生活はしたくないので、これを機に借金生活から抜け出したいと考えています。